Nyats.com LOG

HOME ■過去のコラム ■記事検索 記事INDEX




::: ホームページも変わります :::

2017/08/13


沖縄の自然に癒される

高校野球夏の甲子園大会も始まり、暑い日が続いていますね。
沖縄ではハイビスカスの花が青空に映え、暑い中でも癒されます。

12年ぶりに沖縄で事務所を構えました。

【風水デザイン‐Office 和来‐】
住所:〒901-2223沖縄県宜野湾市大山6丁目43−5
営業日時:月〜金 9時30分〜17時30分
(土・日・祝祭日、時間外の面談もスケジュールが合えば可能)

受付:電話か業務依頼のメールでご予約下さい。
電話098−987−6812

これまで、単発の仕事で時々沖縄を訪れていましたが、ここ数年の沖縄の発展ぶりには目覚ましいものがあります。

沖縄で仕事を再開してみるといろいろなものが古くなっていることに気づきました。このホームページも1999年から開設していますので今年で18年になります。プロフィール写真も20年前のものだし、作ろうとして途中で止ったままのコンテンツもいくつかありました。

昨日ウェブ管理者と相談して、とりあえず必要な所だけを残してコンパクトにしました。
今後、新しい事業にふさわしいドメイン名にして、写真や内容も時代にあったものに変えていくつもりです。

2017年のキーワードは『終結』、『起死回生』、『再出発』。
「これまでやってきたことに決着をつけて再出発する人が運をつかむ年」

と私自身が占っているように、今年は古いものをドンドン整理する年になっています。



シーサーが導きます

島根に居た12年間は不動産の活用がメインの仕事でした。
不動産事業は動く金額が大きいため、どうしても風水調査や鑑定の仕事より優先せざるを得ませんでした。今年沖縄に移住することは6年前から決めていましたので、数年前から準備を進めてきました。

土地や建物は景気や経済情勢の影響を受けるし、貸す相手があるためこちらの都合に合わせてくれるわけではありません。
ところが、昨年夏から今年1月にかけて、本当にタイミングよく島根での懸案事項が一気に解決しました。お蔭で思い残すことなく沖縄で仕事をすることが出来るようになりました。

島根での12年間は風水業務からやや遠ざかった時期でしたが、不動産に風水を活用してその効果を実感できました。地主や建物のオーナーという立場でテナントを誘致し利益を上げています。
また、様々な方向から相続税対策も勉強し、実践してきました。



長い気持ちで

地主や建物のオーナーが風水を学ぶことは現実的に利益があると言えます。
一般に「地主は楽してお金を得ている」と思われています。しかし、土地でも建物でも一旦運用を間違えば大きな借金を背負うリスクがあります。

また、地主の多くは「先祖代々の土地を自分の代で無くすわけにはいかない」という責任感があります。風水では先祖から子孫に良い財産がもたらされれば子孫は成功しやすいと考えます。
運勢は目に見えない財産、お金や不動産は見える財産です。
どちらも負債ではなく、優良であることが大切です。

同じ残すのであれば現金よりも不動産のほうが風水的には良いと言えます。
「金の卵」を貰っても食べてしまえば無くなります。
子供に大金を遺しても贅沢して簡単に使い切ってしまう話をよく聞きます。
「金の卵を産む鶏」を貰えば、飼育する手間や費用はかかりますが長い間金の卵を得ることが出来ます。

特に優良不動産であれば子供は長く安定して収入を得ることが出来ます。また、不動産の運用、管理方法を学習することで、次の世代に残すこともできます。

不動産を子孫に残すためには、税金が高い日本では相続税対策やそれなりのノウハウが必要となります。

いろいろな業者から「土地活用」の提案を受けたり、「相続税対策セミナー」に誘われる機会も多いと思います。大切なことは、「提案に耳を傾ける、セミナーに参加して知識を増やす、すぐに決めない」ことです。

不動産は自分の子供と同じだと思って下さい。
子供の性格や個性に合った仕事に就けば喜んで働いて稼ぎも多くなります。不動産に多くの利益を生んでもらうには土地の個性(立地や環境など)を生かすことが不可欠です。

土地の個性を知る一つの方法として「土地の風水調査鑑定」を受けられることをお薦めします。

絶対に成功するというビジネスはありません。
しかし、様々な方向から物事を考えることで、より良い判断が下せるようになります。
「今決めれば○○万円値引きします」というキャッチフレーズに躍らせられないようになります。

【お知らせ】
『沖縄風水アカデミー』を社団法人としての設立を進めています。
営利目的ではなく、沖縄の伝統文化や伝統建築、沖縄の自然環境を保全しつつ、街づくりなどで社会貢献するのが目的です。
趣旨に賛同して一緒に活動したいという仲間が少しずつ集まっています。

風水の仕事をしている方だけでなく、沖縄の風水を大切に残していきたいという方でしたらOKです。
街づくり、不動産、建築、インテリア関係の経験者で沖縄の風水を勉強されている方は歓迎します。

興味のある方は、電話か業務依頼のメールでお問合せ下さい。
電話098−987−6812

▲top



::: 風水デザイン‐Office 和来‐ 営業開始 :::

2017/08/08


事務所打合せコーナー

台風5号が日本列島を縦断しているため日本全体が影響を受けています。
被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
台風の動きが遅いのでさらに大きな被害が出ないことを祈ります。

沖縄での事務所開設準備も7月半ばにほぼ整いました。
7月後半は本土に長期出張が入ったため業務開始は8月からとなりました。


【風水デザイン‐Office 和来‐】
住所:〒901-2223沖縄県宜野湾市大山6丁目43−5
営業日時:月〜金 9時30分〜17時30分
(土・日・祝祭日、時間外の面談もスケジュールが合えば可能)

受付:電話か業務依頼のメールでご予約下さい。
電話098−987−6812


沖縄のミルク様がお出迎え

本土出張から沖縄に帰ってくると沖縄は蒸風呂のような暑さです。
沖縄近海の海水温が例年以上に高いためです。
地球温暖化の影響が出ているように思います。

「煮えガエル」という例え話があったことを思い出しました。
蛙の入った器を水からゆっくり加熱すると、蛙は熱さを感じないのでそのまま、いつの間にか煮えて死んでしまうという話だったと思います。
緩やかな環境変化には気づきにくいという警告ですね。
どこか生活習慣病に似ていますね。
些細なことでも長年続けていると蓄積されて健康を損ねてしまいます。

消費経済を優先して地球環境を破壊し続けてきた結果が最近の気候変動に現れています。
気候変動への世界的な取り組みを決めたパリ協定から米国が離脱する意思を示したのは残念です。
自国の経済を優先し、地球全体のことを後回しにすることに不安を感じる人も多いのではないでしょうか。
地球という器の中では台風も汚染物質も国境を越えて自由に移動します。
地球環境を保全・改善するために世界の国々が協調しなければならないのは言うまでもありません。

風水は自然環境と調和して暮らすことを教えています。
風や水の流れ、日当たりを地形から読み解き、安全な場所を探して災害に強い住宅を造ります。
気候変動により、今後益々大型台風、豪雨は増えるでしょう。
家を建てる時の優先順位も変えていく必要があります。
利便性を重視した経済優先の考え方よりも生命や財産を守るための土地選びが重要になります。
地域のハザードマップなども参考にしながら安全な場所に住むようにして下さい。

風水では向かい合う山の峰と峰を結ぶライン上の土地を吉、谷と谷を結ぶライン上の土地を凶と考えます。
豪雨や地震によって山の斜面が地滑りを起こすと土砂や樹木が谷に流れ込み土石流となって平地を襲います。
すなわち谷と谷を結ぶライン上は濁流の流れる道となるので危険です。
昔の人は自然から学んだこのような知識を風水の教えとして残しました。
沖縄の風水は地形から風、水、日光、氣(生命エネルギー)の流れを読み解きました。
そして、災害に強く安心して健康に暮らせるように「抱護」の考え方で住環境を整えました。

私が教えている『琉球風水』は、琉球王朝時代の沖縄の風水をメインとして香港・台湾などの中国風水や日本の家相の考え方も取り入れたものです。
立地調査では地勢や地形、敷地周辺の建造物の平面配置や立体配置から風、水、日光、氣の流れを読み解きます。
空間設計では建物の形状や間取り、インテリアの配置・素材・色彩などから人間に影響する氣の流れを読み解きます。
また、一般的な八方位の運勢や十二方位、二十四方位の運勢、経年変化する運勢も鑑定します。
ただし、形から氣の流れを読み解く(沖縄の風水の神髄)ことを最も重視します。


キッズコーナーもあります

自然や人の調和を大切にする沖縄の風水には、街づくりや住宅・マンション・ホテル・商業施設などの建築に役立つノウハウがあります。
奥深い風水の知恵を知っている人は高齢化し、この世を去りつつあります。
これらの知恵を整理してまとめ、次世代に生かせるように残すことが私の最後の仕事だと考えています。
そのために、『沖縄風水アカデミー』を社団法人またはNPO法人として設立することを考えています。
営利目的ではなく、沖縄の伝統文化や伝統建築、沖縄の自然環境を保全しつつ、街づくりなどで社会貢献するのが目的です。

趣旨に賛同して一緒に活動できる仲間を募集します。
風水の仕事をしている方だけでなく、沖縄の風水を大切に残していきたいという方でしたらOKです。
街づくり、不動産、建築、インテリア関係の経験者で沖縄の風水を勉強されている方は歓迎します。

興味のある方は、電話か業務依頼のメールでお問合せ下さい。
電話098−987−6812

▲top




このcgiについて