Nyats.com LOG

HOME ■過去のコラム ■記事検索 記事INDEX


::: 2月の風水開運アドバイス :::

2016/02/01



2月の風水行事といえば節分と立春ですが、近年は2月3日節分の日に豆撒きだけでなく、恵方巻きを食べるのも流行っています。今年の恵方は南南東の『丙の方位(157.5度〜172.5度)』です。

2016年は丙申年で二黒土星が巡る年。琉球風水では、「隠し事が白日の下にさらされる象意があり、密約が暴露されたり、政治家や企業、芸能人のスキャンダルが話題となるでしょう」と占いましたが、1月はタレントの不倫報道や人気グループの解散騒動、甘利前経済再生大臣の現金授受疑惑と大臣辞任など年明けから相次ぐ暴露で騒然としました。

さらに、「産地偽装や食物への異物混入、汚染された食品の流通など、主婦たちを憤らせる事件も起こりそうです」と占いましたが、産廃業者と食品卸売業者による廃棄食品転売事件や消費期限を過ぎた食品による学校給食中毒事件なども起こっています。

2016年丙申年の運勢↓↓↓
ref.

今年は多くの隠し事が明らかになる運があります。もうすぐ節分。厄払いが必要な人がたくさんいそうです。「人のふり見て我がふり直せ」という諺がありますが、他人事とは思わず、自分の身にも同じことが無いか反省してみましょう。

【節分と立春と旧正月(春節)】
日本の運勢学の多くは節分を旧年と新年の区切りとし、立春から新しい年になると考えています。また、沖縄の糸満など月の満ち欠けに基づいた旧暦での正月(中華圏の春節)を祝う地域もあります。

今年は立春が2月4日、旧暦の元旦(春節)が2月8日ですから、2月8日頃から運気は本格的に新しい年に入ると考えられます。

新年を迎えるために昔の人々は厄を払って身を清めました。節分には、あちこちの神社・仏閣で厄払いやお清めの行事があります。出雲地方では今でも人形の紙で自分の体を撫でて身の穢れを紙に移し、その人形の紙を節分の日に神社に持ち寄ってお祓いをします。背景に陰陽道の影響があるように思います。



 旧暦で正月を祝う沖縄の旧家では、屋敷御願(ヤシキウガン)をして家屋敷を清め、台所の火の神様の前で一年間にあったことを反省する習慣が残っています。

旧暦の12月1日(新暦・本年1月10日)〜24日(新暦・本年2月2日)には、この一年間の出来事を反省し、懺悔と神様の御加護への感謝の気持ちを祈ります。この期間は罪や穢れを払い身も心も清浄にして過ごします。

旧暦12月24日(新暦・本年2月2日)には御願解き(ウガンブトゥチ)をします。この日は火の神様が昇天され、天の神様にこの一年間にその家に起こった出来事をご報告されます。そのため、感謝とお見送り、良いことを伝えてもらうようにお願いし、お正月(新暦・本年2月8日)にその年の福徳の神様(歳徳神)と一緒に降りていらっしゃるのをお待ちする祈願をします。
火の神様は正月になると(旧暦元旦、旧暦1月4日など諸説ある)新しい帳簿を持って天から帰って来られます。

恵方巻きの効果はさておき、これからの一年間の平安と福をもたらしてくれる歳神様を住宅に迎え入れるのが風水開運法です。

 『恵方』とは正月の神様が来臨される方角であり、その年一年間私たちを守ってくれる神様(年徳神)の所在方位とされています。2月3日の節分には家屋敷を掃き清め、豆撒きをして厄を払い、お風呂に入って身体を洗い清め、住宅の恵方をきれいにして立春の日を迎えるとよいでしょう。

 節分・立春行事は、旧年の厄を払って新たな年を出発するための気持を切り替える節目だと思って実践されるとよいでしょう。
 
【聖バレンタインデー】
 2月14日は聖バレンタインデーです。この日は、もともとアイルランドのカトリック教徒であったバレンタインがローマ皇帝のために殉教した日にちなむキリスト教の祭日でした。中世になってこの日を「愛を与える日」として広く祝うようになり、やがて恋人達の日となり、お互いにささやかなプレゼントを渡すようになりました。

 季節的にまだまだ寒さ厳しく自然の風景はモノトーン調です。この背景では暖色系の服やグッズを身につけて告白すると恋愛運がアップします。赤は情熱的な愛を現しますから、意中の人と会う時には赤い色のものをワンポイントで入れてみて下さい。
 
【今月のラッキーデー他】
ラッキーデーは、8日(月)、13日(土)、18日(木)。
ラッキーアイテムは、新しい下着、貴金属、新しい財布。
ラッキーカラーは、黄、金、赤。
ラッキーフードは、うどん、みかん、鍋物。
ラッキータイムは、13時〜17時。



【お知らせ】
1、講演会
 2月25日(木)に、那覇市新都心にある沖縄県立博物館・美術館1F講堂にて株式会社ジョイント25周年記念講演があり、風水の講師として招かれています。「知って得する風水の知恵」と題して講演します。

株式会社ジョイントホームページ↓↓↓
 (ref.

2、琉球風水関連
 現在沖縄で、琉球風水を用いた風水設計業務を行っている横川明子さんと沖縄の設計事務所AGRさんがコラボして琉球風水を取り入れた住宅設計業務を企画されています。新築住宅に風水を取り入れたいと考えられている方は一度ホームページをご覧になって下さい。

ARGホームページ↓↓↓
ref.

横川明子さんホームページ↓↓↓
ref.

タイムス住宅新聞掲載された横川明子2016年風水開運法↓↓↓
ref.

▲top




なんちてBLOG by nyats.com