Nyats.com LOG

HOME ■過去のコラム ■記事検索 記事INDEX




::: 11月の風水開運アドバイス :::

2015/11/09


 横浜の高級マンションが傾くという異常事態が話題になっています。基礎杭が強固な支持層まで達していなかったことが判明しただけでなく、データが改竄されていたことがわかりました。
 基礎工事を担当した会社が行った他の現場でも、数十件規模でデータの改竄が発覚し、この業界全体の信頼性が揺らいでいます。技術がいくら進歩しても、それを扱う人間の倫理道徳観が廃れていては、信用は得られないでしょう。チェック機能の在り方も含めて、不正を行えない仕事環境に改善されることを望みます。

 風水には多様な考え方がありますが、風水設計業務で重要かつ有効な風水術は「巒頭法(らんとうほう)」と呼ばれるものです。地勢や地形から立地や土地の特性を調査して土地の吉凶を判断します。凶であれば基本的にそこに住まないようにします。
 どうしてもその場所に居住しなければならない時には、土地の凶に対して人工的に対策(化殺)を施します。盛り土や築山、換土(土を入れ替える)、池・水路を掘るなどの対処法があります。
 現代では、高層マンションをはじめ大型の鉄筋コンクリート建造物が増えているため、それを支えるための基礎杭は最も重要な風水改善法と考えられます。

 首里城をはじめとして琉球王朝時代の建造物は巒頭法に基づいて造られており、琉球風水師は巒頭法を重視してきました。
 現代の沖縄では、共同住宅や戸建て住宅は鉄筋コンクリート造が多いため、風水師として基礎杭を打つ時に工事現場を見に行くこともよくあります。
 たった数メートル離れただけで支持層が急に深くなっていることもあります。そういう場合には、杭の長さが足らなくなって、現場での変更を余儀なくされます。追加の支持杭を打たなければならないので、施主さんも出費が増えて大変ですが手を抜くわけにはいきません。強度不足であれば必ず現象となって表れます。時間の問題です。

 巒頭法は、対象となる土地の地勢や地形のみならず、土質や周辺環境の土地利用状況、建造物、川筋、道路、水路、場合によっては過去の履歴までも調査します。それによって、地震や豪雨、台風、津波などに対して安全であるかどうかを判断すると同時に、健康・長寿・富貴栄達・子孫繁栄に恵まれるように土地や建物の環境を整える風水術です。

 時代が変わっても、住宅建設において重要なことは変わりません。「土地の状態をよく把握すること、安全な住環境が保たれるように必要な対策を行うこと」です。どんなに素敵なインテリアを備えた住宅を作っても基礎がぐらついていては安心して住むことが出来ません。琉球風水師が設計に関わる場合には、専門業者の行う地盤調査の他に、巒頭法によっても土地の状況を把握するように努めています。


 今年は、11月12日が旧暦の10月1日になるので季節の進み方がやや遅いのか、あるいはエルニーニョ現象による暖冬のためなのか、例年より暖かな日が続いています。
 出雲はこれから『神在月(かみありづき)』です。出雲の神社や氏子の家庭では、11月21日(旧暦10月10日)の神迎えの準備に忙しくなります。

【立冬(りっとう)】
 今年は11月8日(日)が二十四節気の「立冬」となります。この頃から日が暮れるのも一段と早くなり、冬の訪れを一層感じさせます。だんだん寒気が強くなり、冷たい季節風が吹くようになります。朝晩が冷え込み、空気が乾燥してきます。風邪をひきやすくなり、インフルエンザも流行しますので早めに予防注射をしておきましょう。

【酉の市(とりのいち)】
 商売をされている方にとって気になるのが「酉の市」。この日は開運の神様であるおおとりの明神の祭礼が行われ、開運祈願をする人で賑わいます。
 酉は十二支の一つで、西方位にあって、金運、社交運を司ります。金運アップ、商売繁盛を願う人は11月17日(火)の「二の酉」、11月29日(日)の「三の酉」に願い事をされるとよいでしょう。

【七・五・三(しちごさん)】
 11月15日は「七・五・三」です。男の子は三歳と五歳、女の子は三歳と七歳にお祝いをすることが多いようですが、地方によって異なります。
 子供たちの成長を氏神様や土地の神様[産土神(うぶすながみ)]に御報告するために、親子で宮参りをします。子供の健やかな成長を喜び、神仏に感謝する日です。子供の成長記録を残すため、写真撮影するのも忘れないで下さい。家族で一緒に写真を撮れば、家庭運アップになります。
 七、五、三の数字は、もともと中国で縁起のよい数字であることから、日本でも子供の成長を願う年齢として採用されたようです。土地の神様だけでなく、大潮や月のエネルギーも得て子供の健康を願ったと考えられます。

【小雪(しょうせつ)】
 11月23日(月)は、二十四節季の「小雪」となります。雪がちらつく頃で、市街にはまだ本格的な降雪はなくても、山の峰には冠雪が見られる時期です。冬の到来を感じさせ、木枯らしが吹き、みかんが黄ばみ始めます。


【今月のラッキーデー他】
11月のラッキーデーは11月11日、11月15日、11月27日です。
ラッキーアイテムは土鍋、ホットカーペット、カイロ。
ラッキーカラーは茶系、黄系、オレンジ。
ラッキーフードは豆腐、チョコレート、カボチャ。

▲top




このcgiについて