Nyats.com LOG

HOME ■過去のコラム ■記事検索 記事INDEX


::: 3月の風水開運アドバイス :::

2015/03/06



 3月になり陽射しがだんだん春めいて、我が家では梅の花や水仙の花が咲いています。島根花の郷を訪れるとチューリップの花がきれいに咲いていました。

 三寒四温とはよく言ったもので、暖かくなったかと思うと急に寒くなったり、まだまだ寒暖差が大きく着る服にも気を遣います。花粉や黄砂も飛び始めていますので、皆様体調を崩さないようになさって下さい。

 さて、琉球風水で「世界各国は停滞する経済の中で民衆の不満を抱え、世界に向かって突破口を見出そうとして他国と競合し、紛争につながる恐れがあります。また、イスラム国の問題も収拾がつかないだけでなく、世界のあちこちで民衆の不満が爆発して、世界経済は安定しないでしょう。」と占ったように、2015年に入ってすぐにイスラム国による邦人拉致・身代金の要求や世界各地でのテロが発生し、そのニュースでもちきりでした。

 フランスの新聞社がイスラム教徒の信仰の対象となっているムハンマドの風刺画を掲載して物議を醸しました。言論の自由も大切ですが、信教に関することは、人の尊厳にも関わることなので、慎重になる必要があると思います。日本人は中東の歴史や文化、イスラム教に馴染みが薄いのでイスラム国について理解するのはたやすいことではありません。

 日本では古来より八百万(やおよろず)の神を信仰してきましたので、多神教でいろいろな神様を祀り、拝みます。そのため他宗教に対して寛容だと思います。中東ではユダヤ教、キリスト教、イスラム教など一神教ですので、異教徒、異端を許容できない傾向が強く、歴史的に宗教戦争も数多く起こってきました。イスラム国を生み出した背景はとても複雑だと思います。

 当然イスラム国のしている残虐非道な行為は許容できることではありません。イスラム国はヨルダンなど周辺のイスラム教国家とも敵対しており、それらの国のイスラム教徒からは、イスラム国は真のイスラム教徒ではないと言われています。

 ウクライナの内戦やロシアのクリミア併合なども政治や経済の問題だけでなく、民族や宗教が複雑に絡んでおり、なかなか先が見通せない状況になっています。

 最近の世界情勢から、世界的に経済格差や民族間の差別意識、排他的な考えが強くなっているように感じます。他者を受け入れないと争いが増え、報復の連鎖が生じるのは当然の成り行きと言えます。

「協調(平和)を望みながら、他方で生存(経済)競争では相手に勝とうとする」という生物が生来持っている本能に近いようなところをどう乗り越えていくかが、個人の問題としても国家の問題としても私たちの課題となっているのではないでしょうか。

 人類はお互いに受容し合い、協調し、分かち合うことができるのか?

 それとも他人を排斥し、闘争を繰り返し、強者が弱者から搾取し続けるのか?

 トマ・ピケティの『21世紀の資本』が世界中で注目されているのも、このことの重要性が高まっていることを表しています。

 もしも人類が自分と異なる価値観や文化を受容できる寛大な心と他人に対する愛情や優しさ、思いやりの気持ちで生きることができたら、多くの問題が良い方向に動き出し、解決していくのかもしれません。

 現実には自分のことだけで精一杯、他人のことなどかまっておれないということも確かにあります。
 しかし、風水では宇宙の全てのものが循環していると教えています。日本には、「情けは人のためならず(情けは他人のためではなく、いずれは巡って自分に返ってくるのであるから、他人に親切にしておいた方が良い)」という諺もあります。「お金は天下の回りもの」ともよく言われます。

 他人を犠牲にして自分の利益のみを追求していくと金銭や物質的な豊かさを得られたとしても最終的には孤独になります。エネルギーや運気、お金の循環には法則があります。それをよく理解すれば、物質的にも精神的にも豊かに暮らすことができるようになります。

 大塚家具のお家騒動がワイドショーをにぎわせています。会長(父)と社長(娘)の経営方針の違いなどいろいろなことが報道されています。

 今月の株主総会で決着がつくでしょうが、琉球風水では、「商売や事業は世代交代して、若者感覚で新しい展開をすることで飛躍する運があります。」と占っていますので、社長側が有利と言えます。
 一方で、「2015年は、筋を通すぶれない人や会社が注目される年になりそうです。頑固な職人やおやじの出番がありそうです。」、「信念を貫いて多くの共感を得た人が運をつかむ年です。」とも占っていますので、会長の記者会見も出番として必要だったと思います。筋を通して多くの株主の共感を得た側が勝つことになるでしょう。

【3月11日:東日本大震災の日】
 2011年3月11日空前絶後の大災害が発生しました。あれから4年になります。被災者の皆様の心の傷は簡単に癒せるものではないと思いますが、苦しみを乗り越えて前向きに人生を歩んでいかれる姿に希望と勇気をいただいています。

 今年は地震が発生しやすい運勢です。教訓を生かして災害に備えることがもしもの時の被害軽減につながります。

【お彼岸】
 21日が春分の日、18日〜24日がお彼岸にあたります。
この時期には本土でも沖縄でも先祖供養を行ないます。
沖縄ではお墓参りをしませんが、屋敷を清め、仏壇に餅、豆腐、豚肉、昆布などの御重を供え、紙銭を焼いて先祖の霊を慰めます。
春分の日は昼と夜の長さが同じになり、これから昼が長くなっていきます。
 本土では「暑さ寒さも彼岸まで」と言われ、季節の変わり目です。



【今月のラッキーデー他】
3月のラッキーデーは、7日(土)、20日(金)、26日(木)
ラッキーカラーは、パープル、淡いブルー、緑
ラッキーグッズは、和紙、竹製品、トラベルグッズ
ラッキーな食べ物は、そば、パスタ、タケノコ
ラッキータイムは7時〜11時。

▲top




なんちてBLOG by nyats.com