Nyats.com LOG

HOME ■過去のコラム ■記事検索 記事INDEX




::: 9月の風水開運アドバイス :::

2014/09/08

アジサイ

 8月は、西日本では雨が多く、ジメジメして気温も平年より低めで梅雨のようでした。
 そのせいか、咲終わったアジサイ一株が再び開花しました。このアジサイは庭に地植えしてから5年間花を咲かせなかったのですが、昨年少し花をつけ、今年きれいに開花し、皆で愛でていました。愛でられて気を良くしたのか、梅雨と間違えたのか9月に再び花を咲かせました。

 8月の豪雨により、広島では土石流災害が起こり甚大な被害が出ましたし、各地で浸水被害や農作物の被害が出ています。
 天候不順、日照不足により、野菜などの農産物の収量が減り、店頭での価格も上がって来ています。日常生活への経済的影響も徐々に出ているようです。これからはお米の収穫の時期に入りますが、品質や出来高が気になるところです。

 季節の変わり目に入って、天候や気温の変化も大きく、台風シーズンでもあります。農作物や家畜への影響も気になりますが、皆様も体調にお気をつけてお過ごし下さい。

 7日は、山陰の風水勉強会のメンバーで鳥取県琴浦町を訪れました。現地メンバーの案内で、海の幸たっぷりの食事を堪能し、パワースポットを数か所まわり、「物産館ことうら」で、地元産の甘くて瑞々しい新種梨「新甘泉」とお馴染みの「ふろしきまんじゅう」をお土産に買って帰りました。

 久々に晴れて心地よい一日で、特にエネルギーの良かったのは、「神崎神社」と「鳴り石の浜」でした。

 神崎神社は御本殿が来春まで修繕工事に入っており、あいにく参拝できませんでしたが、拝殿は参拝できました。龍の彫刻に代表される素晴しい彫刻には観るべきものが多くありました。本殿は鳥取県指定保護文化財第一号、拝殿は第二号となっています。

 宮司様が、忙しい中、私たちのために時間を割いて下さり、神社の由来話をして下さいました。海に関する縁起が多く、ご祭神はスサノオノミコトで海洋民族とその守り神のエネルギーを感じることのできる場所です。

 風水的には財運(お金を呼び込む運気)を高めることができるパワースポットと言えます。境内だけでなく、神社周辺には隠されているパワースポットもあります。その場所を探し出して、祈願すると良い財運が得られるでしょう。
 ヒントは社殿の彫刻と社殿の向きにあります。風水好きな方は、自分の感覚で探し当ててみて下さい。

神崎神社

 九月は暦の上では白露(はくろ)、秋分(しゅうぶん)の時期です。
【白露】
 白露は9月8日で、このあたりから朝露が目立つようになると言われています。この日から、月命星の一白水星の力が強くなります。

【重陽の節句】
 9月9日は「重陽の節句」です。重陽というのは陽が重なるという意味で、昔の人は縁起の良い日としてお祝いしました。これは、奇数を陽、偶数を陰とする陰陽術より来たもので、9月9日は奇数の最大数9が重なるので最も陽の氣が強いとして喜ばれたのです。
 ちょうど、菊の花のシーズンにも当りますので、「菊の節句」とも呼ばれ、お酒に菊の花をひたして飲むと健康長寿に恵まれると言い伝えられています。
 沖縄は旧暦で祝うので、今年は10月2日になります。

【仲秋の名月】
 9月8日(旧暦の8月15日)は「仲秋の名月」です。この頃になるとあちこちで観月会が催されます。月が最も満ちるのは翌9日ですので、9月8日から9月9日にかけてお月見を計画されるのがよいでしょう。

 風水では太陽の動きを最も重要視して住環境を整えていきますが、その他にも月の満ち欠けやそれに伴う潮の満ち干き、さらには惑星や28宿と呼ばれる星からの影響を考えたりします。

 古代の人たちは地球以外の天体からもたらされるエネルギーが自分たちの運命に影響を及ぼすのだと考えていたようです。古代ギリシャをはじめとして星にまつわる神話もたくさんみられます。もし夜空に月や星がなかったとしたら、人類の文化はかなり貧弱なものになっていたのかもしれませんね。

 月のエネルギーを貰うには月光浴が一番です。月の光を浴びながら月明かりの下で音楽を聞いたり、語らったり、あるいはおいしい物を食べて過ごせば月のエネルギーをたくさんもらえます。都会では夜も灯りが多いので、家族や友人と一緒に自然のきれいなところに出かけ、お月見をしてはどうでしょうか。お天気に恵まれれば素晴らしいお月見になるでしょう。月見酒も良いですよね。

 旧暦8月15日の満月は「芋名月」とも呼ばれ、昔は月見だんごと一緒に里芋を供えて月を祭りました。旧暦9月13日(新暦10月6日)は十三夜で知られていますが、「豆名月」とも呼ばれています。両方の名月を愛でると縁起が良いと言われていますので、開運したい方はお試しあれ。特に恋愛運アップが期待できそうです。

 沖縄での月見は本土とはやや異なり、「月拝み」をしてから、だんごならぬ「フチャギ」と呼ばれるあずきの混ざった餅を「火の神」と仏壇にお供えします。

【彼岸】
 9月20日〜26日が秋のお彼岸です。23日が秋分で昼と夜の長さがほぼ同じになります。あの世の理想郷である「彼岸」に到達したいという仏教思想から、お彼岸の行事が生まれました。お彼岸には、お墓参りをして先祖を供養します。

 多くの成功者が先祖を大切にしていたという統計がありますが、先祖に感謝することは今の時代でも大切なことであり、そうすることによって運がよくなると言えるでしょう。

鳴り石の浜

【今月のラッキーデー他】
9月のラッキーデーは9月9日(火)、9月15日(月)、9月21日(日)です。
ラッキーアイテムはコーヒーカップ、貴金属、マリングッズ。
ラッキーカラーはシルバー、ゴールド、黒。
ラッキーフラワーは菊、コスモス。
ラッキーフードはお酒(ノンアルコールもOK)、牛乳、果物。
ラッキータイムは23時〜01時。

▲top




このcgiについて