Nyats.com LOG

HOME ■過去のコラム ■記事検索 記事INDEX




::: 1月の風水開運アドバイス :::

2013/01/12

初詣

 鏡開きも終わり、そろそろ本格的に仕事モードに入っていく頃ですが、今年は三連休が重なり、連休明けまでのんびりされる方も多いことでしょう。

2013年のキーワードは『具体的』、『変動』、 『防衛』
「新しい考え方で変化に対応できる人が運をつかむ年」

ラッキーグッズは『陶磁器、観葉植物、花の絵や写真、巳の置物』
ラッキーカラーは『黄、茶、オレンジ、金、花柄』、吉方位は『南南東』

 安倍政権になってから、新たな経済政策が次々と出されて、スピード感を持って日本が『変わって行く』雰囲気が出てきています。期待感から円安、株高が進んでいます。

 景気回復へ向けて、やる気だけでなく、『具体的』な目に見える形となる公共事業や設備投資などへの大規模な財政投資も好感をもたれています。利権が絡んだ、ばら撒き的無駄な公共事業には、もうコリゴリという国民の意向を汲んでか、今回は国家のインフラの補修や維持管理、震災復興など、災害からの『防衛』に力を入れているようです。

 また、新たに決まった朴韓国大統領に親書を送り、訪日を要請するなど竹島問題で悪化した日韓関係の改善を図り、アセアン諸国をいち早く訪問することで、中国の南シナ海や東シナ海への進出の牽制を狙うなど、『防衛』に対しても素早く積極的に動いている感があります。

 安倍政権には今年のキーワードと合致するところが見受けられ、今年の運勢に乗ってうまく船出したと思われます。午年生まれの安倍総理には、今年は欲深な人たちがたくさん近づいてくる運があります。小ずるい人は遠ざけて、正攻法で進んで欲しいものです。これからも天運に乗って、新しい考え方で日本の景気回復だけでなく、アジアや世界の安定と発展に貢献できるよう、日本国民の一人として祈りたいと思います。

 さて、一月は小寒から大寒の月で、寒さが一層厳しくなっていく時期になります。気を抜かないで、暖かくして過ごしましょう。
【小寒(しょうかん)】
 1月5日が小寒でした。この日から「寒の入り」とし、節分まで厳しい寒さが続きます。寒中見舞いを出すのもこの時期です。

【大寒(だいかん)】
1月20日は大寒にあたります。寒さの絶頂期ですが、これを過ぎると少しずつ春に近づいていきます。

首里観音堂

 沖縄では行事は旧暦で行いますので、これから旧正月の準備が始まります。

【鬼餅(むーちー)】
 1月19日(旧暦の12月8日)は、沖縄の伝統行事「ムーチー」の日。各家庭では、ムーチー(月桃の葉に餅を包み蒸した餅菓子)を作って、仏壇や神棚などに供え、無病息災を祈願します。子供の健康と健やかな成長を願って、子供たちの年の数だけムーチーを吊るします。また、年内に赤ちゃんが産まれた家では、「初ムーチー」といって、親戚や近所に配ります。

【御願解き(うがんふどぅち)】
 1月12日〜2月4日(旧暦12月1日から24日)までに拝みをする(12月23、24日にすることが多い)のが「御願解き(ウガンフドゥチ)」です。台所にある火の神の前で、この一年間の出来事を反省し、懺悔と神様の御加護への感謝の気持ちを祈願します。新暦2月4日(旧暦の12月24日)に火の神が天に昇って行かれ、家族のこの一年間の出来事を洗いざらいすべて、天の神様に報告されます。そのため、悪い報告をされないように、特にこの期間は懺悔して、身も心も潔白にするようにします。

 2月4日(旧暦12月24日)になると「火の神祭」をします。この日は、いよいよ火の神が御天七役場、御天七宮に昇天して行かれます。感謝とお見送り、そしてお正月に福徳の神様と一緒に降りていらっしゃるのをお待ちする祈願をします。

【トゥシヌユール(年の夜)】
 旧暦の大晦日のことで、新暦2月9日になります。
門松を立て、しめ縄を張り、鏡餅を供えるなど正月の準備をします。夜は、沖縄そば、ソーキ料理や牛肉料理、魚料理などごちそうを食べて、眠らないで年越しをします。昔は、年越しに眠ると魂を抜かれるとか、火事に遭うなどの不幸を招くと言うところもあったようです。

【今月のラッキーデー他】
1月のラッキーデーは、1月13日(日)、26日(土)です。
ラッキーアイテムは、音楽CD、照明、カラオケ。
ラッキーカラーは、緑、青、ベージュ。
ラッキーフードは、すし、みかん。
ラッキータイムは、5時〜7時。

【各種ご案内】
(1)和来龍監修の開運干支置物販売開始
 私がデザインした2013年の開運干支置物『生福巳(しょうふくみ)』は現在販売中です。

 今回からは、読谷村にある『陶眞窯』の壷屋焼伝統工芸士『相馬正和』先生に作っていただき、風水グッズの専門サイト・良品おきなわにて販売することになりました。

 是非、開運干支としてお飾り下さい。皆様のところにご縁がありますように!

グッズ販売ページ
↓↓↓
ref.

殻式三
 相馬先生の作品には、国際通りのサイオンスクエアにある、高さ約3.4mの『さいおん うふシーサー』があります。これらの名前に使われている“さいおん”というのは、琉球王朝時代の風水の第一人者「蔡温」にちなんでつけられています。
沖縄の土と氣にこだわった相馬先生の作風は琉球風水にピッタリです。沖縄から皆様に開運のエネルギーをお届けします。

▲top



::: あけましておめでとうございます :::

2013/01/01

年始

▲top




このcgiについて