Nyats.com LOG

HOME ■過去のコラム ■記事検索 記事INDEX


::: 11月の風水開運アドバイス :::

2012/11/01



 10月29日から、巨大ハリケーン「サンディ」が米東海岸に来襲し、ニューヨーク市やニュージャージー州で大きな被害をもたらしています。
この時期にハリケーンがニューヨークに来るなど、想定できないような出来事が起こっています。原因として、地球温暖化による海水温の上昇や高気圧の配置、偏西風の蛇行の影響が考えられています。
 地球は一つ。世界の陸地も海も大気も全てつながっています。この異常気象はニューヨークだけでなく、やがて日本にも影響を与えるに違いありません。経済だけでなく、あらゆることが地球規模で考えなければならない時代になってきたように思います。

 昨年は、「絆」という言葉がよく使われましたが、世界中のニュースが報道されるようになり、「共に生きている」、「一緒に暮らしている」という運命共同体的な意識が広がりつつあるのを感じます。



【琉球王朝祭り】
毎年10月下旬から11月上旬にかけて、首里城祭が開催されます。今年は、10月26日(金)〜11月4日(日)の期間です。

特に11月3日(土)には、琉球王朝祭り首里「古式行列」があります。「那覇ハーリー」、「那覇大綱挽き」と並んで、那覇三大祭の一つです。この日、沖縄にいるのなら、是非この祭りに参加されて下さい。きっと運勢が上がりますよ。

「首里振興会」ホームページ
↓↓↓
ref.

【立冬(りっとう)】
 今年は、11月7日(水)が二十四節気の「立冬」となります。この頃から日が暮れるのも一段と早くなり、冬の訪れを一層感じさせます。
 11月は、旧暦の10月にあたり、一年で最も陰の気が強い時期です。寒気が強くなり、冷たい季節風が吹くようになります。朝晩が冷え込み、空気が乾燥してきます。風邪をひきやすくなり、インフルエンザも流行しますので早めに予防注射をしておきましょう。

【酉の市(とりのいち)】
 商売をされている方にとって気になるのが「酉の市」。この日は開運の神様であるおおとりの明神の祭礼が行われ、開運祈願をする人で賑わいます。
 酉は十二支の一つで、西方位にあって、金運、社交運を司ります。金運アップ、商売繁盛を願う人は11月8日(木)の「一の酉」、または11月20日(火)の「二の酉」に願い事をされるとよいでしょう。

【七・五・三(しちごさん)】
 11月15日は「七・五・三」です。男の子は三歳と五歳、女の子は三歳と七歳にお祝いをすることが多いようですが、地方によって異なります。

 子供たちの成長を、氏神様や土地の神様[産土神(うぶすながみ)]に、御報告するために親子で宮参りをします。子供の健やかな成長を喜び、神仏に感謝するのが一番大切なことです。子供の成長記録を残すため、写真撮影するのも忘れないで下さい。家族で一緒に写真を撮れば、家庭運アップになります。

 七、五、三の数字は、もともと中国で縁起のよい数字であることから、日本でも子供の成長を願う年齢として採用されたようです。

 また、旧暦の11月15日は満月になりますので、土地の神様だけでなく、大潮や月のエネルギーも得て子供の健康を願ったと考えられます。

【小雪(しょうせつ)】
 11月22日(木)は、二十四節季の「小雪」となります。雪がちらつく頃で、市街にはまだ本格的な降雪はなくても、山の峰には冠雪が見られる時期です。冬の到来を感じさせ、木枯らしが吹き、みかんが黄ばみ始めます。

【亥の子餅(いのこもち)】
 昔、宮中では、亥の月・亥の日(今年は11月22日)は、陰の気が強く、冬が始まる日と考えました。厳しい冬を無事に越えることができるように、無病息災を願って、餅をついて食べる風習がありました。

 亥の子餅は、新米と一緒にその秋にとれたばかりの大豆・小豆・ささげ・ごま・栗・柿・糖の7種の粉を混ぜて作られたと文献に書かれています。栄養素がバランスよく入って、健康に良かったのでしょうね。

【今月のラッキーデー他】
11月のラッキーデーは11月10日(土)、11月15日(木)、11月23日(金)です。
ラッキーアイテムは陶器、布団、箸。
ラッキーカラーは黄、オレンジ、赤茶。
ラッキーフードは納豆、豆腐、柿、みかん。
ラッキータイムは21時〜23時。



【各種ご案内】
(1)auパラダイスネットで琉球風水コラム連載
10月1日から、au沖縄セルラー電話(株)のウエブサイト「auパラダイスネット」の「au連コラ」に、琉球風水のコラムを掲載しています。携帯、スマホからもご覧になれます。日常生活で簡単にできる風水開運法をご紹介します。コラムは毎週変わりますので見逃さないようにして下さいね。

「auパラダイスネット」ホームページ
↓↓↓
ref.

(2)和来龍監修の2013年開運干支置物、近々販売開始
 私がデザインした2013年の開運干支置物『生福巳(しょうふくみ)』は現在製作中です。できるだけ早く販売開始できるよう準備を進めています。

 今回からは、沖縄の伝統工芸である「壷屋焼」で製作することにしました。読谷村にある『陶眞窯』の壷屋焼伝統工芸士『相馬正和』先生に作っていただけることになりました。

 相馬先生の作品には、国際通りのサイオンスクエアにある、高さ約3.4mの『さいおん うふシーサー』があります。これらの名前に使われている“さいおん”というのは、琉球王朝時代の風水の第一人者「蔡温」にちなんでつけられています。

 沖縄の土と氣にこだわった相馬先生の作風は琉球風水にピッタリです。沖縄から皆様に開運のエネルギーをお届けします。

『陶眞窯』ホームページ
↓↓↓
ref.

(3)出雲大社神迎祭
 旧暦の10月10日(新暦11月23日)には、島根県の出雲大社で「出雲大社神迎祭」があります。夜に行われる神事です。稲佐の浜では篝火がたかれ、厳粛で幻想的な光景を目にすることができます。

『出雲大社』ホームページ
↓↓↓
ref.

▲top




なんちてBLOG by nyats.com