Nyats.com LOG

HOME ■過去のコラム ■記事検索 記事INDEX




::: 9月の風水開運アドバイス :::

2012/09/05



 9月1日は「防災の日」でしたが、今年は全国で緊張感を持って防災訓練が行われていたようです。

 昨年、『東日本大震災』を経験し、私たちは地震や津波の恐ろしさを目の当たりにしました。心の傷も癒えぬ中、8月29日には、政府が『南海トラフ巨大地震』の死者数が最大32万人にものぼるとする衝撃的な被害想定を発表しました。

 地震列島日本という事はよくわかっていますが、被害想定の大きさに戸惑いは隠せません。どうしようもないとあきらめる人も多いのではないでしょうか。もし、私たちにできることがあるとすれば、連帯感を持って少しでも被害を減らす方向に意識して行動することでしょう。防災訓練に参加することはとても有意義なことだと思います。

 九月は暦の上では白露(はくろ)、秋分(しゅうぶん)の時期です。

【白露】
 白露は9月7日で、このあたりから朝露が目立つようになると言われています。

【重陽の節句】
 9月9日は「重陽の節句」です。重陽というのは陽が重なるという意味で、昔の人は縁起の良い日としてお祝いしました。
 これは、奇数を陽、偶数を陰とする陰陽術より来たもので、9月9日は奇数の最大数9が重なるので最も陽の氣が強いとして喜ばれたのです。

 ちょうど、菊の花のシーズンにも当りますので、「菊の節句」とも呼ばれ、お酒に菊の花をひたして飲むと健康長寿に恵まれると言い伝えられています。
 沖縄は旧暦で祝うので、今年は10月23日になります。

【屋敷御願】
 旧暦の8月10日(新暦9月25日)は、沖縄では「八月(はちぐゎち)カシチー」と呼び、屋敷の拝みをして、招福除災を祈願します。
 また、「柴差(しばさし)」というススキを結んで作った魔除けを門に置き、仏壇には御馳走を供えて家内安全を祈ります。

【仲秋の名月】
 旧暦の8月15日(新暦9月30日)は「仲秋の名月」です。
 この頃になるとあちこちで観月会が催されます。月が最も満ちるのは翌16日ですので、9月30日から10月1日にかけてお月見を計画されるのがよいでしょう。

 風水では太陽の動きを最も重要視して住環境を整えていきますが、その他にも月の満ち欠けやそれに伴う潮の満ち干き、さらには惑星や28宿と呼ばれる星からの影響を考えたりします。

 古代の人たちは地球以外の天体からもたらされるエネルギーが自分たちの運命に影響を及ぼすのだと考えていたようです。古代ギリシャをはじめとして星にまつわる神話もたくさんみられます。もし夜空に月や星がなかったとしたら、人類の文化はかなり貧弱なものになっていたのかもしれませんね。

 月のエネルギーを貰うには月光浴が一番です。月の光を浴びながら月明かりの下で音楽を聞いたり、語らったり、あるいはおいしい物を食べて過ごせば月のエネルギーをたくさんもらえます。

 都会では夜も灯りが多いので、家族や友人と一緒に自然のきれいなところに出かけ、お月見をしてはどうでしょうか。お天気に恵まれれば素晴らしいお月見になるでしょう。月見酒も良いですよね。

 旧暦8月15日の満月は「芋名月」とも呼ばれ、昔は月見だんごと一緒に里芋を供えて月を祭りました。
 旧暦9月13日(新暦10月27日)は十三夜で知られていますが、「豆名月」とも呼ばれています。両方の名月を愛でると縁起が良いと言われていますので、開運したい方はお試しあれ。特に恋愛運アップが期待できそうです。



 月のエネルギーが地球上の生物に与える影響はたくさんあります。満月の日は潮の干満も大きくなります。満月は精神を高揚させ、生殖作用に影響を与えるのか、満月の日に交尾や産卵、出産をする生き物が多いことが知られています。

 9月からは秋の結婚シーズンに入りますが、月のエネルギーも強くなって恋愛運アップの季節といえそうです。満月の日のデートには何かが起こりそうな予感がしますね。

 沖縄での月見は本土とはやや異なり、「月拝み」をしてから、だんごならぬ「フチャギ」と呼ばれるあずきの混ざった餅を「火の神」と仏壇にお供えします。

【彼岸】
 9月19日〜25日が秋のお彼岸です。22日が秋分で昼と夜の長さがほぼ同じになります。

 あの世の理想郷である「彼岸」に到達したいという仏教思想から、お彼岸の行事が生まれました。お彼岸には、お墓参りをして先祖を供養します。多くの成功者が先祖を大切にしていたという統計がありますが、先祖に感謝することは今の時代でも大切なことであり、そうすることによって運がよくなると言えるでしょう。

【今月のラッキーデー他】
9月のラッキーデーは9月9日(日)、9月15日(土)、9月30日(日)です。
ラッキーアイテムは花柄のスカーフ、月の絵や飾り、お皿。
ラッキーカラーは白、黄、ゴールド。
ラッキーフラワーは菊、コスモス、彼岸花。
ラッキーフードはドーナツ、だんご、お酒(ノンアルコールもOK)。
ラッキータイムは19時〜21時。



【各種ご案内】
(1)「神話博しまね」開催中
 島根県出雲市を中心に、古事記編纂1,300年を記念したイベント「神話博しまね」が、7月21日(土)から開催されています。
 平安京や平城京よりも古い、古代出雲の神々の文化。出雲大社、須佐神社、八重垣神社、美保神社をはじめ、開運スポットがたくさん。縁結びの地「出雲」は、恋愛運、出会い運だけでなく、仕事運、金運、健康運など開運に関わる縁起の良い場所がたくさんあります。
 陰陽道や風水という言葉が日本に広がる以前の古代出雲の知恵を探してみては。

「神話博しまね」公式サイト
  ↓↓↓↓↓↓↓
ref.

▲top




このcgiについて