Nyats.com LOG

HOME ■過去のコラム ■記事検索 記事INDEX




::: 9月の風水開運アドバイス :::

2011/09/05

 台風12号で被災された皆様に心よりお見舞申し上げます。
今後も大雨や土砂災害にご注意なさって下さい。

 さて、九月は暦の上では白露(はくろ)、秋分(しゅうぶん)の時期です。

 白露は9月8日で、このあたりから朝露が目立つようになると言われています。

 9月9日は「重陽の節句」ですが、沖縄では旧暦で祝います。
重陽というのは陽が重なるという意味で、昔の人は縁起の良い日としてお祝いしました。これは、奇数を陽、偶数を陰とする陰陽術より来たもので、9月9日は奇数の最大数9が重なるので最も陽の氣が強いとして喜ばれたのです。
 ちょうど、菊の花のシーズンにも当りますので、「菊の節句」とも呼ばれ、お酒に菊の花をひたして飲むと健康長寿に恵まれると言い伝えられています。

 今年は9月12日が旧暦の8月15日の「仲秋の名月」になります。
この頃になるとあちこちで観月会が催されます。

 風水では太陽の動きを最も重視して住環境を整えていきますが、その他にも月の満ち欠けやそれに伴う潮の満ち干き、さらには惑星や28宿と呼ばれる星からの影響を考えたりします。
 古代の人たちは地球以外の天体からもたらされるエネルギーが自分たちの運命に影響を及ぼすのだと考えていたようです。

 月見は中国では唐の時代から知られていて、それが日本に伝わると平安貴族の間で取り入れられ、やがて庶民にも広まったといわれています。昔は月見だんごと一緒に里芋を供えて月を祭ったようですが、月のエネルギーを貰うには月光浴が一番です。

 月の光を浴びながら月明かりの下で音楽を聞いたり、語らったり、あるいはおいしい物を食べて過ごせば月のエネルギーをたくさんもらえるでしょう。月見酒も良いですよね。

 沖縄での月見は本土とはやや異なり、「月拝み」をしてから、だんごならぬ「フチャギ」と呼ばれるあずきの混ざった餅を「火の神」と仏壇にお供えします。

 1534年に冊封使として琉球国を訪れた陳侃は、「八月の中秋の節は琉球の人々もその美しさをめでる風習があり、月見に招かれてあちこちの寺を訪れた。帰り道に月の光が昼のように明るく、海はきらきらして光を反映し、その光をとおして松の姿が浮かび上がって見えた。思うままに景色を眺めていると、心は広がり、魂は楽しさに満ち、海外にいることを忘れてしまうほどだった」と『使琉球録』に書いています。

 1719年に中国から冊封副使として琉球国を訪れた徐葆光は琉球国での体験を『中山伝信録』として書き残しました。その巻二には「中秋宴」と題して首里城で催された演舞の宴の様子が描かれています。
 宴の最初には一人の老人が登場し、まず、琉球国王を守り導いておられる神様を迎えるために神歌(おもろ)を唱え、皇帝陛下の万歳と中国の平和をお祝いし、琉球国王がともに幸いを受けて、中秋の佳節に天使(冊封使)を迎えて、神と人とがともに喜ぶ日であると讃えたと書かれています。
 このように、琉球王朝では慶事には神様をお招きし、神と人とがともに祝ったという風習があります。

 また、冊封使にちなんだ首里城公園でのイベント「中秋の宴」が今年は9月10日(土)〜9月11日(日)午後6時30分〜午後9時に開催されます。

ref.


 9月20日(火)が彼岸入り、26日(月)が彼岸明けです。23日が秋分で昼と夜の長さがほぼ同じになります。

 あの世の理想郷である「彼岸」に到達したいという仏教思想から、お彼岸の行事が生まれました。お彼岸には、お墓参りをして先祖を供養します。

 多くの成功者が親や先祖を大切にしていたという統計がありますが、親や先祖に感謝することは今の時代でも大切なことだと思います。自分を守り応援してくれる存在として親や先祖があります。

 風水では自分の夢を叶えるために先祖や守護霊に積極的に応援してもらいます。先祖供養というのは先祖のためにしているようでも結局は自分に返って来ます。

 また、故人を偲ぶことで、命の大切さを実感することにもなります。生きている私たちがどんな辛いことがあってもくじけずに生き続けること、今日も生かされていることに感謝し、自分らしく生きることが一番の供養ではないでしょうか。
 毎日、明るく朗らかに笑って暮らしたいものですね。

9月のラッキーカラーは金色、白色です。
ラッキーグッズは鳥の飾りや絵、丸いもの。
食べものはお酒、焼き鳥が吉。
ラッキーな日は9月9日、13日、19日。
ラッキーな時間は午後5時から7時です。

【和来 龍 風水講演会のご案内】
ナイスさんいん「風水講演会」
日   時:2011年9月17日(土) 14:00〜16:00
内   容:リフォームに生かしたい風水
場   所:TOTO米子ショウルーム
問 合 先:(有)ナイスさんいん:0859(27)3599

▲top




このcgiについて