Nyats.com LOG

HOME ■過去のコラム ■記事検索 記事INDEX




::: シンガポール :::

2009/07/31

 7月中旬にシンガポールに行ってきました。
 シンガポールは淡路島ほどの小さな島に400万人余りが住んでいて、近代的な高層ビルが立ち並ぶ、アジアきっての金融都市です。シンガポールは風水を取り入れた都市計画や建築でも有名です。風水に感心のある人なら一度は訪れてみたい場所だと思います。

 私は風水がどのように都市計画や観光ビジネスに活用されているのかということと、琉球風水師として、沖縄の風水との関わりも研究したかったので、かねてから視察したい場所の一つでした。

 成田空港からシンガポールのチャンギ国際空港に深夜到着。ガイドの説明によるとこの空港は最近新しいターミナルが完成し、アジアのハブ空港としての地位を固めようとしているとのこと。入国審査も簡単で、旅行客にとってはありがたいですね。ただ、この時期は新型インフルエンザを警戒して、ゲート付近で熱を感知する銃のような機械を向けていました。

 Pan Pacific Singaporeに滞在しました。
ホテルのロビーは近代的な雰囲気で、客室は掃除が行き届いていて清潔できれいでした。広いライティングデスクに使い勝手の良い電気スタンド、座り心地の良い椅子と、ビジネスマンにとっては嬉しい部屋です。

 カーテンはランプシェード風の少し透ける感じのものと布地の遮光カーテンがリモコンで上下し、光や景観が時間に応じて調節できるようになっていました。ベランダから眺める夜景も朝の景色もきれいでした。

 視察旅行では、シンガポールで風水の仕事をしているホーさんがガイドを務めてくれました。ホーさんは中国系シンガポール人で、華僑の流れを汲みます。子供のころから伝え聞いた風水知識を時代の流れに合わせて、現代に通用する形で実践しています。
 
 ガイドのホーさんに案内されて市内観光と風水の視察をしました。私がシンガポールに感じた印象は、きれい、まじめ、正確でした。これまでアジアのいろいろな国に行きましたが、シンガポールは道路にゴミが落ちておらず、街がきれい。雑草も見ない。公衆トイレもあちこちにあり、きれいでした。街は日本よりきれいですね。アジアで一番きれいな国だと思います。

 また、時間に正確で法律を順守する傾向が強いので安心して街を歩いたり、ショッピングができます。店のレジもタクシーメーターも機械化されていて、レシートに記録が残るためボッタクリされないのも安心です。しつこくくっついてくる物売りの人も見かけませんでした。

 英語が公用語なので観光客が言葉に困らないのもいいですね。日本語が話せる人がわざわざ近づいてきたら、ちょっと注意です。外国はどこでもそうですが、日本人は言われたとおりにお金を出しやすい民族と思われているようで、言葉巧みに日本人がカモにされることもあるようです。

 ホーさんによれば、現在のシンガポールは金融と観光で経済力をつけてきていますが、もとからそうだったのではなく、1965年にマレーシアから独立して、シンガポール共和国が建国されてからだそうです。1970年代から、関税の撤廃や外国企業の誘致を進め、街は再開発計画に従って近代的なビルが立ち並ぶようになりました。都市計画に風水の考えも取り入れられ、著しい発展を遂げました。

 「風水では掃除が大切」と何度も言っていますが、シンガポールではそれが住宅だけでなく、街や国全体にまで広げられています。風水的に考えれば、国民の体である国家の秩序が保たれ、整っていれば、国民の精神も安定し穏やかになります。当然、愛国心が高まり、協力して国が発展していきます。
 国全体がきれいになれば、いいことがたくさんあります。犯罪も減り、観光客も増えます。それにも増して、社会が子供たちの手本や教育になります。

 実は観光初日に私の部屋の時計が5分遅れていたため、集合時間に遅れました。私はわずか5分ぐらいという気持ちでしたが、ホーさんに叱られました。「和来さん、あなたの時計は今何時何分ですか? 時は金なりですよ! 時間厳守ですよ!」
私はハッとしました。これまでアジアの国を旅行するたびに、時間にルーズなことばかり体験してきたのですが、シンガポールは違いました。ホーさんはさすが風水師です。道徳観念がしっかりしています。観光案内をしながらもいろいろなところで教訓を話してくれます。

 シンガポールの小学生は朝8時から夕方6時まで、お昼時間を1時間除いて勉強するそうです。国全体が教育に力を入れていて、数学の学力はアジアでトップということでした。公用語は英語の他にマレー語、北京語、タミール語があり、子供たちはさまざまな言語を話すようになります。

 これからの国際社会では中国の役割が益々大きくなって、北京語も英語と同様に広く話されるようになると思われます。言葉の障壁がない分、シンガポールの子供たちは日本の子供たちより世界的に活躍するチャンスが多いように感じました。
 将来への夢が持てず、学ぶ意欲や道徳観念が薄弱になりつつある日本の子供たちが社会人になった時、どんな日本になっているでしょうか。

▲top




このcgiについて