Nyats.com LOG

HOME ■過去のコラム ■記事検索 記事INDEX




::: 2008年大晦日 :::

2008/12/31

椿
椿

 2008年も大晦日となりました。
今年一年を振り返ることで来年へのステップアップとしたいですね。私は今年の運勢を次のように占っていました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 戊子年は寒さ厳しい岩山のイメージがあるため、困難や苦労がひときわ厳しい年と言えそうです。実際、原油価格高騰のあおりを食って灯油やガソリン、物価が上昇し、経済的にも庶民にとってこの冬の寒さは身にしみそうです。・・・今年は水の気が非常に強いので、津波、大雪や豪雨による河川の氾濫、崖崩れ、土石流などの自然災害や投資、株など金融のトラブルに注意する必用があります。また、性のモラルが低下し、出会い系サイトなどの有害サイトやセクハラ、若年層の性犯罪などがマスコミで取り上げられることが多くなるでしょう。
 2008年は悪いことばかりではありません。子は十二支の最初で、「新しいことが始まる」暗示があります。・・・子(ね)には「世代交代、生命の芽生え、多産、繁殖」という象意もあり、政権交代の可能性が高まる年です。流れは野党に向きますので、うまく波に乗れれば政権奪取も可能です。経営者の交代も多くなるでしょう。・・・これらの象意から今年のキーワードは『忍耐』、『備え』、『希望』となります。琉球風水で占うと、「厳しい環境にあっても希望の種を大切に育む人が運をつかむ年」と言えます。・・・今年は何かと厳しい年ですが、新しい時代に向かって新たな方向性や希望も出てくるため、事前対策を怠らなければ無事に越えていけるでしょう。将来の夢や目標に向かってじっくりと計画を立てながら、一歩一歩慎重に進んでいくのがよいでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 今年、大きな話題となったのはアメリカの証券会社リーマンブラザースの経営破綻を端緒として始まった世界的な金融・経済危機で、100年に一度の危機であるとさえ言われています。まさに凍りついた岩山の崖から滑落していくような急激な株価暴落と経済の悪化でした。そして年末には派遣社員切り、来春新卒採用者内定の取り消しなどが相次ぎ、雇用不安を増大させています。来年に向かって、さらに失業者の増加が見込まれ、仕事や住まいを失う人も出てきています。
 昨年から原油や穀物相場に投機マネーが流れ込んだため、ガソリン価格や物価は今年の初めから秋にかけて値上げの連続でどんどん上昇していきました。給料は上がらないのに物価が上がることで生活は苦しくなりました。

 また、自然災害に目をやると、今年の流行語になった「ゲリラ豪雨」などに見られるように、水の災害が際立っていました。極めて狭い地域で短時間に集中豪雨が起こるため、避難が遅れて、鉄砲水に呑まれるといった事故が多発しました。ヒートアイランド現象や地球温暖化の影響が少しずつ大きくなってきているのかもしれません。

 戊子の年に一白水星が巡るとやはり天候の急変による災害が多く、金融・経済は大波乱となる厳しい年になるようです。

 しかし、子年は「終わり」と「始まり」の年ですから、アメリカの異常な金融商法が招いた金融バブルが終焉を迎え、新たな金融システムが構築されていくスタートの年となったとも言えます。現状は厳しいですが、金融システムは必ず良い方向に変わっていきますから『希望』を持って、もうしばらく『忍耐』と『備え』で乗り越えましょう。

 今年の政治の世界はどうだったでしょうか。私は『政権交代の可能性が高まる年』と占いました。アメリカでは共和党ブッシュ政権から民主党オバマ政権へと交代しました。日本でも流れは野党に向いてきています。『うまく波に乗れれば政権奪取も可能です』と占いましたが、途中で福田総理から麻生総理に代わってしまい、解散総選挙もしないまま年が終わろうとしています。民主党も、もう一つ波に乗り切れていないようです。
 
 運勢学的には来年2月3日の節分までは今年の運気が残りますから、それまでに解散総選挙となれば民主党中心の政権交代となるでしょう。ただし、『世代交代』の運気があるということを忘れてはなりません。古い顔ではなく、若いリーダーが立たなければ天運が味方しません。

 黒人のオバマ氏がクリントン氏やマケイン氏に勝利できたのは、彼が若く、古い体質の政治家ではなかったからです。選挙期間中にchangeという言葉を連発してアメリカ国民に改革精神と希望を与えたオバマ氏には大きく天運が働いたと言えます。

 日本の政治に今求められているのもやはり、世代交代と変化・変革なのです。明治維新を成し遂げたのも若者でした。政界再編をして、若い政治家が表舞台でリーダーシップを発揮できるようにすることが政治に求められています。
 
梁
古民家再生

 出雲に帰郷して3年が過ぎましたが、この間、住宅を耐震、バリアフリー、省エネ・エコ住宅に大規模にリフォームし、築92年になる古民家を再生しました。地元の新聞や情報誌にも取材掲載されましたが、我が家は風水的な話を抜きにしても、建築物として高く評価されたようです。設計に関わった江角俊則氏の紹介で、来年1月17日発売予定の建築雑誌「古民家スタイル」に掲載されることになりました。

 今年は父親の会社経営の引継ぎ、賃貸マンションの建設、飲食店の誘致、沖縄での拠点建設など、不動産関係の仕事が結構忙しかったのですが、金融・経済危機にはさほど左右されず、世代交代、経営ともに順調にいきました。その分、風水の仕事やホームページの更新などにあまり時間がかけられなかったのはやや残念ですが、山陰での風水勉強会は思った以上の人気で、既に2年目に入りました。沖縄とはまったく異なる自然環境や慣習であっても、琉球風水が徐々に山陰の人たちの心に浸透して、人が育っていくのを嬉しく感じています。

 沖縄から出雲に帰ってきた最も大きな理由は両親のことが心配だったからですが、バリアフリーで過ごしやすい住環境に変わり、生活スタイルがずいぶんよくなりました。親戚やケアマネージャーさんらの応援もあり、在宅介護の体制も整いました。

 リフォーム時に敷地に2トン、床下に3トン、庭に500kgの木炭を敷設しました。今年で3年になりますが、氣エネルギーが良くなってきているのを感じます。庭の温州みかんがたわわに実り、香りや味に深みが出てきました。枯れそうだった松が復活して元気になり、家族もあまり病気しなくなってきました。

 風水師としての活動は少なかった一年でしたが、家族や親戚、地域の人々との結びつきは強くなりました。特に親子三世代が一緒に暮らす中で、それぞれの考えや立場の違いに戸惑ったり、世代間のギャップを感じたりしながらも、お互いに信頼し助け合おうとする気持ちがよくわかるようになりました。自治会ではお互いの家庭の事情を理解しつつ、協力しながら地域を守っていこうとする思いを共有できました。

 景気が悪く、先行き不透明な時代に安心して生活するためには、無駄な出費を抑えて貯蓄するだけでなく、身近な人たちと「助け合う」、「分かち合う」、「共感・共有する」ことで信頼関係を築いていくことも大切だと思います。

 それでも、琉球風水の効果はあちこちで現れています。本を読んで風水グッズを購入したら、驚くほど良くなったのでお礼にプレゼントを渡したいと申し出られる方もありました。風水設計を取り入れた銀座のワインバーも軌道に乗り、オーナーから2店めを考えたいという嬉しい相談もありました。お客様の声を一部ご紹介いたします。

●龍水盤により金運効果は絶大です。龍水盤購入以降、主人のパチンコの成績は、わずか1か月で22〜3万らしいです。主人としては、ちょっとでも新居購入の足しにと考えているようですが・・・行くと大なり小なり必ず出るらしく、週末になると、龍水盤に手を合わせ、開運シールを貼った財布を片手に出かけていきます。ギャンブルはほどほどにしてほしいというのが私の本心ですが、元来真面目な人なのであまり心配はしていません。

●リーマンショックの後、マンションの価格が下がりました。その額なんと720万です!資金繰りの不安もやわらぎ、先生の指導と龍水盤のおかげとせっせと水を替えております。

●店内を先生の指示通りに模様替えし、料理のメニューも新しくし、効率的で無駄を省くようにしました。主人も協力してくれ、お蔭様であまりお金をかけずに変えることができました。先生の心遣いに感謝しています。そのせいか客層にも変化があり、客単価の高いお客様がゆっくりされるようになり、売り上げが伸びています。

●先生とのご縁は私どもの人生におきまして大変意味の大きいものになりました。先生からアドバイスを受けて以来、何もかもがうまくいっていて、夢をみているよう・・・(大げさではないんです!)気持ちよく新年を迎えられることを心より感謝いたします。本当にありがとうございました。

ワインバー
ワインバー

 沖縄での拠点もほぼ完成し、来年4月からは本格的に琉球風水師としての活動を再開します。陽のエネルギーの強い沖縄と陰のエネルギーの強い出雲を往来しながら、文化や人の交流を広げることが出来ればと考えています。

 皆様も希望を持ってよい年をお迎え下さい。

▲top




このcgiについて