Nyats.com LOG

HOME ■過去のコラム ■記事検索 記事INDEX




::: 中国四大発明と風水 :::

2008/08/21

海
沖縄の海

 お盆が開けて、高校野球も終わり、皆さん少しずつ仕事モードに戻ってきたでしょうか。
 いや、まだ北京オリンピックが残っていました。もうしばらくは、落ち着かないですね。

 今回のオリンピックは中国の国家宣伝のイメージが色濃く現れているようで、単純にスポーツを楽しむ雰囲気にはなかなかなれません。開会式の花火の足跡が合成画像だったり、少女の歌が口パクだったとか、少数民族の服装をした子供たちが実は漢民族の子供だったとか・・・。感動したシーンだっただけに、偽装となるとやはり残念です。

 風水を学び、研究する者として、昔の中国の文化や中国人の発明には敬意をはらって接しているのですが、現代の中国や中国人の価値観や生き様には唖然とさせられることが多くなっています。孔子の素晴らしい教えは忘れられてしまったのでしょうか。

 オリンピックの開会式でも紹介されていましたが、古代中国の四大発明は、紙、印刷技術、羅針盤、火薬です。これらの発明が世界中に広まり、人類に大きく寄与しました。
 ここで問題です。風水と深い関係がある発明は何?

花

 皆さんもすぐわかったと思いますが、答えは羅針盤です。
 羅針盤はもともと指南(儀)と呼ばれていました。磁石化したスプーンのようなものを水の上に浮かせるとスプーンの柄の方が南を指すためです。船の上に持って上がって羅針盤となる前には、地上で方位を計測する機械として利用されていました。

 明や清の時代になると風水師たちは風水理論を駆使して、指南を羅盤(ローパン)に進化させていきました。ですから風水師が用いる羅盤と船の羅針盤は兄弟のようなものです。

 羅盤は単に方位を測るだけでなく、八卦や二十四節季、二十八宿の星座なども描かれていて、それ自体が宇宙を表現しているため、飾っておくだけでも神秘的な力を持つとさえ言われています。
 ですから羅盤はお経のようにありがたいものと考えられ、羅経とも呼ばれました。18世紀の琉球王朝時代には、蔡温(琉球王国随一の風水師)が中国で風水を学んで帰った際に大羅経を持ち帰ったという記録が残っています。実物は現存していませんが、蔡温は中国から琉球王国に羅盤を持ち帰り、その後の風水判断に用いたと考えられています。

 こうして風水は沖縄の習俗、文化に浸透していきました。現代でもシーサーや石敢当、ヒンプン(門からの目隠し壁)、仏壇、お墓(亀甲墓)などに風水の影響を見ることが出来ます。

海の朝
海の朝

 沖縄には風水師蔡温の子孫の方が結構いらっしゃいます。その中のある家族では、物知りだったおばあさんが最近亡くなったため、蔡温のことや風水を知る人がいなくなってしまい、とても困っているそうです。
 おばあさんの後継者がいないため、親戚が集まった時に、Aさんは、「あなたが誰か風水の先生から指導を受けて、中国福建省を訪ね、風水を学んできなさい」と言われているという話を聞きました。風水は先祖供養や冠婚葬祭の行事などとも関係が深いため、沖縄ではAさんの家族のように、時代を超えて現代でも風水を学ぶことを重要視されている一族(門中)もあります。

▲top



::: エイサーと風水 :::

2008/08/16

ハイビスカス
ハイビスカス

 暑中お見舞い申し上げます。

 今年の夏は猛暑続きで、水遊びを楽しみたいところですが、一白水星の年ですので風水害、旱魃など水に対する備えが大切です。夏場は急激に積乱雲が発達し、天気が急変したり、局所的な集中豪雨も多く発生します。水辺でのレジャーには十分注意してください。

 さて、お盆休みも残りあと二日という方が多いのではないでしょうか。皆さんはどのようなお盆を過ごされたでしょうか。実家に帰省して久しぶりに家族とゆっくり過ごされたでしょうか。それとも、旅行中でしょうか。
 ちょうど、北京オリンピックや高校野球が始まったので、お盆は自宅でゆっくりスポーツ観戦されている方も多いでしょうね。

 私は出雲でのお盆行事を早めに済ませて沖縄に来ています。
伊丹空港から那覇行きの飛行機は満席状態でした。レンタカーも借りれないほど今年の沖縄は観光客で賑わっています。原油価格の高騰により、海外旅行の燃油代も上がってきたため、国内旅行をする人が増えたためでしょうか。それとも今年の暦が新暦のひと月遅れのお盆(本土のお盆)と旧暦のお盆(沖縄のお盆)が重なったため、お盆休みを利用した観光客とお盆で帰省するウチナンチュ(沖縄人)が一緒になったためでしょうか。
いずれにしろ、沖縄は人の熱気でいっぱいです。

椰子の木
椰子の木

 妻の実家でもお盆行事があり、13日には迎え火を焚いてご先祖をお迎えするウンケー、15日には送り火を焚いて先祖を見送りするウークイをしました。お盆の期間中は地元自治会の青年部によるエイサー隊が毎晩エイサーをしながら町を道ジュネー(練り歩き)していました。

 最近は沖縄のエイサーをあちこちで公演していますので、観光客もいつでも見ることが出来ますが、もともとのエイサーは本土の盆踊りが徐々に沖縄風に変化したもののようです。ですから、お盆の時期のエイサーが沖縄の文化に根付いた本来の姿に一番近いと言えますね。

 お盆に太鼓や三線など音を打ち鳴らして踊りながら練り歩くのは、お盆でお迎えした先祖があの世に帰らずそのままこの世にとどまることが無いようにするためだそうです。お盆に家族や親戚が集まり、ご馳走をお供えして楽しく過ごしている姿を見ると長居したくなるのも無理からぬことです。今年は高校野球が沖縄のお盆と重なりました。ちょうど、浦添商業高校が活躍してベストフォーに勝ち進んでいます。決勝戦を見るまでは余計に帰りたくありませんよね。

 お盆にやってきた先祖がどんな気持ちなのかはよくわかりませんが、喜んで浮かれてしまうのかもしれません。エイサーで大きな音を立てて動き回ることでハッと我に返らせて気づかせてあげるのかもしれませんね。

 神道でも地鎮祭などでは神様をお招きして儀式を執り行いますが、最後に「昇神の祝詞(しょうじんののりと)」を奏上し、神様に元のところに帰っていただきます。神様が帰って行かれないと大変なことになりますので、このとき笛や祝詞などで大き目の音や声を出します。どこか、エイサーの意味に似たところがありますね。

 風水では開運法の一つとして、音の出るものを用いることがあります。運気が悪く、人との出会いが悪い、いわれの無い誹謗中傷を受ける、いじめにあう、事故にあうなどのトラブルがあるときの風水開運法として、「ドアベルをつける。玄関に笛など音の出るものを飾る」という方法があります。

アダン
アダン

▲top




このcgiについて