Nyats.com LOG

HOME ■過去のコラム ■記事検索 記事INDEX


::: 3月の風水開運アドバイス :::

2005/03/04

花

 最近、日本放送株をめぐるライブドアとフジテレビの対決や西武グループ総帥・堤義明氏の他人名義での株所有や不正な株取引の問題が巷の話題をさらっているのは皆さんよくご存知のことと思います。
 私は今年の初めに琉球占術で2005年の運勢を占っているのですが、まさにそこで予言した通りの出来事が起こっていると言えます。
ref.

 特に経済について占っている箇所をピックアップしてみましょう。

 ・・・2005年は『情報』と『お金』がキーワード。情報とお金がらみで注目される事件(良いことも悪いこともどちらもあります)が多く起こるでしょう。年末年始に旧一万円の偽札が大量に出回って世間を騒がせているのも一つの現れです。IT関係やマスコミ業界など情報を扱う産業が注目され活氣が出てくるでしょう。特に若々しい企業や人が伸びていくでしょう。また、貿易や航空、自動車などの産業も話題が豊富で好調でしょう。地球だけでなく宇宙に向かってもエネルギーが広がっていく傾向がありますので、宇宙船や天体に関する話題やそれらを扱った雑誌や映画も注目されるでしょう。これらの産業を中心として財の流通が活発化してきて、景気にも明るさが見えてきそうです。乙酉年は金銭に対する執着が強くなる傾向があります。また、色彩のきれいなものやきらきらの華やかなものに人気が出ます。昨年ブレイクしたマツケンサンバはグレードアップして今年も人気を呼びそうです・・・
 日本経済は『有名無実』の星が支配します。天高く大きな羽音を立てて羽ばたいた鶏が、実は空を飛ぶことが出来ないように、表面は良いように見えても内実が伴いにくい年。一方で、利を求めて物欲をもって事にあたる人や企業が増え、内に秘密を抱えて間違いを生じやすい。詐欺や経理操作、不正な株取引などが社会問題になりそう。
 他方、真っ正直な願いは叶う年。小利に甘んじても誠意を持って努力を続ける人や企業は、「卵がかえる」ように新たな展開が起こって不景気な中でもチャンスが訪れる。新しいものを創造しようとする意欲と誠意のある人や企業に天運が働く年・・・


 この中で特に『詐欺や経理操作、不正な株取引などが社会問題になりそう』と書いていましたね。西武鉄道では株の不正なインサイダー取引によって、昨日堤義明氏が逮捕されるという結末を迎えました。
 今、まさに株取引のありかたがクローズアップされており、ライブドアの時間外取引の是非や外資系企業が間接的に放送局を支配できる法律の欠点、フジテレビによる日本放送株新株予約権の独占などの問題があちこちで論議されています。しばらくは株の問題から目を離せない状況にあります。
 株取引のありかたは経済の中枢ですから、このような問題が生じてくるのは日本経済が大きく変わっていく転換期に入っていることを示しています。

 昨年からの動きを見るとダイエー、西武、フジサンケイグループといった大企業に共通した問題が浮き彫りになっているように思えます。これらは創業者のワンマン経営やその一族による企業支配が徹底していたため大きくなったのですが、結果として企業内の優秀な人材が押さえつけられ、企業自体の新陳代謝が悪くなって活力を失ってきていると言えるでしょう。

 こういった日本企業は創業者一族の支配力を薄めるだけでなく、外部から優秀な人材を迎え入れて余程大きな改革を断行しなければ、なかなか体質が変わらないでしょう。
 恐竜は大きすぎたために、環境の変化に対応できず絶滅してしまいました。経済環境が大きく変わっていく時代には、変化に強く小回りの利く企業が有利でしょう。

 また、国際感覚を持ったリーダーや企業が伸びていくでしょうし、新しい感覚で組織や体質を作り直していくことができる企業が勝ち残っていくでしょう。

 全てのものが時間とともに変化しています。この地上で変わらないものは一つもありません。風水思想の根幹となっている易学は、生々流転する運命に対応してより良く生きる知恵を私達に教えています。風水を学べば学ぶほど時代の流れが読めるようになり、臨機応変に対応できるようになるでしょう。

 さて、三月の風水行事といえば、桃の節句「ひな祭り」です。
 女の子のいる家庭ではひな人形を飾って、白酒、菱餅、あられ、桃の花などをお供えして、娘の健全な成長と幸せな結婚を願います。
 ひな祭りは、もともと宮中や貴族の間で穢れを払う習慣儀式でした。人型の紙人形や土人形を作り、これで身体を撫でて、穢れや禍などを人形に移し、川や海に流したり、祈祷所で払い捨てたりしたのが始まりです。鳥取では、雛人形を川に流す「流し雛」の風習が残っています。

 風水が中国から日本に伝わって、陰陽道や修験道に影響を与え、人型の紙人形を使った病気治療の祈祷や呪術が行なわれました。この頃の「人形」というのは、飾りではなく「自分の身代わり」としての役目が強かったようです。ひな祭りは、女の子の健全な成長と幸せな結婚を願った風水儀式、雛人形は風水グッズと言えそうですね。

 さらに、ひな祭りの時に供えられるお膳にも風水的意味があります。桃の酒は桃の花を浸した酒で、三月三日の桃の節句に飲めば百病を除くと言われています。桃は古代中国では邪気を払う仙木と考えられていたため、桃の酒を飲むようになったようです。

 事実、桃の葉は、あせもやただれに効果があり、葉の汁を飲むと魚の中毒を緩和するということで昔から使われてきました。
 日本でも魔除けとして桃の木を用いたり、神符なども「桃符」と呼ばれることがあります。

 桃酒と白酒を供えるのは、紅白で縁起が良いから。菱餅は菱形で紅・白・緑の三層になっています。風水的には、菱餅の形は心臓の形をあらわし、赤のくちなしが解毒、白の菱が血圧低下、緑の蓬が増血の役割を持っています。ひな祭りも奥の深い風水儀式だったようですね。

 今年は20日が春分の日、17日〜23日がお彼岸にあたります。この時期には本土でも沖縄でも先祖供養を行ないます。沖縄ではお墓参りをしませんが、屋敷を清め、仏壇に餅、豆腐、豚肉、昆布などの御重を供え、紙銭を焼いて先祖の霊を慰めます。

 本土では「暑さ寒さも彼岸まで」と言われ、季節の変わり目です。風邪をひかないように、体調には注意して下さいね。

3月のラッキーな日は3日、9日、26日です。
ラッキーカラーはピンク、赤、シルバー。
ラッキーグッズは金属製品、ガラス製品、クリスタル。
ラッキーな食べ物は果物、お菓子、貝類です。

【あー!やってしまった。失敗談】
 2月20日の日記に琉球放送テレビ『おきでん 百添アワー ウチナー紀聞』の番組収録の話を書きました。
 後日、ディレクターさんが私の事務所に来られ、編集されたビデオテープを見ながら最終チェックをしました。話の内容は良かったのですが、一つ問題がありました。それは、私の顔です。事務所で話している時の顔がよくないんです。今回撮影の時に油断していたのがまずかった。これまでの経験から、「撮影すると言っても、実際の番組ではどうせちょっとしか出ないだろう」と甘く見ていたので、撮影日の朝4時半まで仕事をしていました。
 映像は怖いものです。しっかりと目の下にクマが出来ていて、疲れて眠そうな顔でボソボソとしゃべっていました。おまけに、登場時間が長い。なんか迫力がなかったですね。講演会の時なんかはエネルギーに満ち溢れて迫力あるんですけどねー。もう、ダメ出しをしたいぐらいでした。
 皆様、先に言っておきます。徹夜明けの顔でごめんなさい。でも、話の内容や番組の出来は良いんですよ。

【放送日程】
琉球放送テレビ
『おきでん 百添アワー ウチナー紀聞』
「風水」〜琉球風水今昔物語〜
放送日時:3月6日(日)午前11時〜11時30分

▲top




なんちてBLOG by nyats.com