2017/01/01
謹賀新年


新年あけましておめでとうございます。
本年も良い年でありますように!

2017年は『丁酉(ひのとのとり)』年で、『一白水星(いっぱくすいせい)』が巡ります。

本年は、「これまで進めてきた物事の結果がはっきり表れる」のと「その結果を受けて新たな目標を設定して再出発する」という「終結と再出発」の運気があります。

四年ぐらい前に始めたことが良い事も悪い事も結果となって顕れます。目標を達成する人もあれば、不本意な結果に終わる人もあるでしょう。どちらにしてもけりがつく年です。

 日本経済ではこれまでのアベノミクスに対して一定の評価がなされて終結し、新たな名目の経済政策(第二アベノミクス?)が打ち出されるでしょう。

東京オリンピック関連では、小池都知事になってから提起された会場や施設、経費の見直し問題に決着がつき、2020年の東京オリンピックに向かって本格的に再出発するでしょう。

世界情勢は、本年もテロや難民の問題が世界の関心事となるでしょう。シリアやイスラム国に対してこれまで行って来た作戦行動にけりがつくでしょう。ただし、米国の大統領がトランプ氏になったことや英国の国民投票でEU離脱が決まったことにより、世界の枠組みのパワーバランスが不安定になっており、新たな問題が発生して国際情勢の波乱が予想されます。世界はこれまでの在り方を変えて、新たな秩序や枠組み作りに向けて再出発することになるでしょう。

地球の気候変動に関しては、あちこちで自然災害が多発して世界全体で危機感が増大するでしょう。二酸化炭素の排出量削減に真剣に取り組む国が増え、より効果的な対策が取られるでしょう。

また、これまで先が見えなかったところに、夜道を照らす提灯のように新しい発見や発明、起死回生のアイディアが出されるなどの希望的な出来事も期待できます。

『酉(とり)』は十二支の中で金氣が最も強く、金銀財宝をもたらすものとされてきました。本年は11月に酉の日が三の酉まであるため、金氣、水氣がさらに強くなります。経済は活氣が出て株価が上昇するでしょう。「三の酉まである年は火事が多い」と昔から言われていますが、今年は丁酉なので火災には要注意。しかも、水氣も強いので大雨、大雪、高潮、津波などの水害にも注意して下さい。

世界経済では、中国やヨーロッパに不安はありますが、米国経済が力強さを増すことで景気が上向くでしょう。ただし、紛争や戦火が広がる象意もあり、そうなると世界経済は大きく動揺します。

一白水星の巡る年は「水」や「酒」、「穴」、「地下」、「部下」、「秘密」に関する出来事が多くなります。本年は丁酉年なので特に金融・経済関係で浮き沈みが多くなりそうです。組織や会社だけでなく芸能人、政治家、個人の秘密やスキャンダルが暴露され、経済的、社会的に成功する人と失敗する人とがはっきり分かれる傾向があります。

豊洲の地下空洞問題は、さらに困難な出来事が発覚して小池都知事の苦労は続きそうです。

以上の象意から2017年のキーワードは『終結』、『起死回生』、『再出発』。

「これまでやってきたことに決着をつけて再出発する人が運をつかむ年」です。

ラッキーグッズは『照明、乗り物、ガラスコップ、鳥の置物』。
ラッキーカラーは『オレンジ、シルバー、薄青』。

吉方位は『北北西』と『西』。
住宅や部屋のこの方位を特にきれいにして、床の間や居間、玄関に縁起物や干支の置物を飾ると良いでしょう。


このBLOG CGIについて